2011年08月01日

まず自分から言葉をかける

『自分のまわりに壁を作って、

 過ちを恐れるあまり何もしない男が多すぎる。』


アメリカの百貨店経営で成功した

ジョン・ワナメイカー氏の言葉である。

ビジネスにおいても、男女関係においても

大いにあてはまる言葉である。

恋愛はもちろん、何事にもおいても

チャレンジしようとしない若者が増えてきている。








気おくれして、挨拶もままならない。

職場・学校の女性がニコッと笑って

挨拶しても、視線をそらしてお辞儀するのが精一杯。

ましてや、気になる女性から声をかけられるなど

夢また、夢。

こんな考え方・行動ではまったくだめである。







自分にあまり自身がない、

女性に勇気を出して声をかけても無視されたり

振られたりしたら、恰好が悪い。

そんな気持ちが先に立って、目の前にいる女性に対して

臆病になってしまう。

それでは、何も始まらない。











『誰かを愛して、その愛を失った人は、

     何もしていない人より美しい。』


ある映画のセリフである。

最初から恋をあきらめてきになる女性を

遠くから見ているだけより、

たとえ失恋してもいいから勇気をだしてぶち当たって

いった方が何倍も男に磨きがかかる。

挫折を乗り越え、レベルアップしていけばいい。





いきなり食事に誘うとか告白をするなどは

ハードルが高いのであれば、

まずは自分から積極的に声をかける

ことを実践してほしい。


『おはよう』と明るく朝の挨拶をする。

『なんだか疲れているみたいだね。』

と相手を気遣う言葉をかけてみる。

そういった簡単なことからで十分である。





心理学の『熟知の法則』によると、

頻繁に顔を合わせるている相手には

好意を抱きやすくなるという。


相手より先にどんどん声をかけていくことを繰り返すと

格段に印象がよくなることは間違いない。

態度をすこしづつ養っていけばいい。







このように、恋愛のチャンスを増やし

気持ちの上での障害を軽減していくことが必要である。






すぐに、明日からの挑戦することが必要である。


















モテる男の条件●
posted by モテる男のコツ at 02:52| もてる男 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。